gheeな美白

gheeな美白

パックは塗る張るどっちが良い?

読了までの目安時間:約 2分

 

肌の元気がないとき、パックすると質感やトーンに違いが出てくるので、
気分までルンルンになれちゃいますよね。

 

一時は、シートパックだなんて特別なときにしかしない高級品でしたけど、
今はデイリーに使えるお得な大容量タイプも人気になっているので、
マストアイテムになりつつあります。

 

そんなシートパックに追いやられて塗るパックの人気が低迷しているよう

ですが、こちらも侮れませんよ~。

 

bd589e98f7fa2338d400779d8c851d74_s

 

そもそも、シートパックはいつでもペタッ張っつけられて手軽にできる
良さがありますが、オデコ、顎、頬などサイズが合わずにカバーできて
いないってことありませんか?

 

その点、塗るタイプは自分のサイズにピッタリだから、すみずみまで
とっても有効的にケアができるんですね。

 

それに、潤いや美白が主流のシートに対して、塗るタイプは毛穴、角質、
美白、保湿とバリエーションが豊富!

 

洗い流す手間はあるけれど、湯船に浸かりながらだったりシャンプーしている
間などを利用すれば一石二鳥じゃないですか。

 

張るタイプの手軽さはあるけれど、ポタポタ液だれしたり、サイズが合わない

など不満があるのなら、ぜひ塗るタイプがおススメです。

 

毛穴ケア    コメント:0

合成界面活性剤が肌トラブルの原因に

読了までの目安時間:約 2分

 

肌は擦らないよう十分に気をつけていても、
とことんダメージを受けた肌や、刺激に弱い肌質の場合には、
使っているスキンケアがダメージになってる可能性が高いです。

どの成分に対して反応するのか知ることは大切ですが、
実際調べるとなるととても大変ですよね。

でも、多くの肌トラブルは化粧品に含まれる合成界面活性剤が原因と言われています。

本来は混ざることがない水と油をよく混ぜ合わせる重要な役割なので、
多くのスキンケア商品にも普通に入ってる成分です。

メイクもギトギト皮脂もすっきりさっぱり落とせるのは、
これがあるおかげと言えるのですが、皮脂を過剰に落とすデメリットもあるんです。

クレンジング剤や洗顔フォームなどの洗浄剤の多くに、多量に含まれてるため、
ダブル洗顔などをしている人はそれだけ肌ダメージは大きくなります。

少しでも合成界面活性剤から肌を守るために、
天然の界面活性剤である純石鹸や天然成分の洗浄剤などを利用すると、
肌の改善につながりますよ。

 

タグ :

毛穴ケア    コメント:0

たるみと毛穴の改善方法

読了までの目安時間:約 3分

 

頬がタルミ毛穴(涙型)になってしまいました。

 

年齢的なこともありますが、何か良い化粧品やアドバイスがあれば!
よろしくお願いします。

 

毛穴は皮脂分泌が活発になる思春期頃からトラブルとして、
各年代にお悩みがありますよね。

 

10代ではホルモンバランスが未発達なこともあり皮脂過剰になりますし、

ニキビになりやすい肌にあります。

 

20代30代の社会人になるとメイクや忙しさの影響で、
お肌のトラブルが出ることもありますし、様々な要因によって、
炎症を伴った毛穴や黒ずみ毛穴などになります。

 

40代になると、顔全体のタルミが発生するので開いた毛穴も、
タルミ毛穴となり、年齢を重ねるごとにますます伸びた毛穴に見えるわけです。

 

最終的にはタルミ毛穴がシワになってしまうと、
改善するのには難しくなります。

 

お肌の水分量は生まれたときが最も多く、
年を取るごとに減っていきますが、油分は逆に少なく、
年齢と共に増加すると一定の年齢(閉経)から減少していくと言われています。

 

なので、年齢に合ったスキンケアをすることがとても大切になり、
間違ったスキンケアをすることで皮脂過剰や水分不足を招くわけです。

 

長年使用しているスキンケアでも年齢に見合ったものを使っていなければ、
タルミ毛穴に悩むなど様々なトラブルが出てくる可能性が高いですし、
だからと言ってむやみやたらに成分も確認せず使うのも問題があります。

 

熱い温度設定で洗顔をしていることや、
擦らないでスルンと落とせるクレンジング剤、
毛穴を気にして少し擦って洗顔しているなどがあれば、
間違いなくタルミ毛穴を促進させています。

 

人間の肌は角質層に水分を蓄える機能が備わっていますから、
上記のような原因があると正常な肌ではない可能性があります。

 

この機能が改善されるだけで、肌の水分量や皮脂量がアップし、
必然的に毛穴もふっくらキメも整うので毛穴が気にならないハリのある肌になります。

 

人に備わっている天然の成分を勝るような化粧品なんてありませんよね。

 

なので私の場合は、徹底的に肌のダメージとなる成分を調べ、
界面活性剤を避けることで肌はみるみる改善していきましたよ。

 

タグ :  

毛穴ケア    コメント:0